雑学知識

家族の思い出をきれいに残そう!

雪上での写真を上手に撮影するコツ

こどもたちの笑顔や家族の思い出は、きれいに残したいもの。『こどもと行くスキーガイド』でも活躍するスキーカメラマンに、スキー場での写真撮影のコツを伝授してもらいました!

一番大切なのは、どんな写真を撮りたいか決めること

まずは何を撮りたいかが決まっていないと、いい写真は撮れません。パパとママには、スキーの風景よりも、まずはお子さんの笑顔を狙うことをおすすめします。スキー場は、真っ白な雪の上という特殊な条件下なので、笑顔も風景もきれいに撮ろうとすると、両方ともうまくいかないことが多いからです。ズームのレンズであれば、なるべく広角寄りにして、こどもに近づいて写すと良いでしょう。広い範囲が写るようにしておけば、自然にまわりの風景も写りこんでいます。


失敗例 (>_<)
スキー場の風景は写っているけれど、ママもこどもたちも小さくなってしまいました。


成功例 (^o^)
レンズを広角側にしてこのくらい近づいたほうが、笑顔がステキです。後ろの富士山もよく写っています

コンパクトカメラより、一眼レフのほうが良い?

高性能な一眼レフカメラではなく、どこでもパッとポケットから出せるコンパクトカメラだから撮れる写真もあります。溶けかかった雪の中に落としたりすれば故障しますが、防水カバーに入れると起動力が落ちてしまうため、雪上に落とさないようにストラップをつけたりして、内ポケットに入れてすぐに撮れるようにしておくと良いでしょう。寒いと電池の減りが早くなるので体温で温める効果もあります。ただしあまりにも寒い日には、温度差があって取り出すとレンズが曇ってしまうため、外ポケットに入れてください。いずれにしても普段よりも電池の減りは早いので、予備を用意しておくことも大切です。

滑りの写真をぶれないように撮るコツ

滑りの写真を撮影するには、2つのコツがあります。まずひとつは感度(ISO)設定を変えることです。オートのままだと、自動的に感度が100や200になってしまいますが、手動で400に設定すると良いでしょう。また、カメラによっては「スポーツモード」というものがあります。シャッター優先露出の設定ができれば、それも使うと効果的。つまり、シャッタースピードを速くすれば良いということです。

ぶれ
失敗例 (>_<)
通常モードで撮ると、とくに天気が悪いとき、暗いときは、動きが速い滑りの写真はぶれてしまいます

成功
成功例 (^o^)
「スポーツモード」や「シャッター優先」の設定で撮ると、ぶれがなくなります。500分の1以上よりも速いシャッターを切りましょう

もうひとつ失敗しやすいのが、露出オーバーです。通常モードでオートで撮れば、晴れのときは必ず露出オーバーになってしまいます。下の写真のように、明るい部分が真っ白になってしまう現象です。カメラに「雪上モード」や「海モード」があれば設定します。カメラによっては「露出補正」ができるので、1段から1・5段、あるいは1と2/3段(カメラによって違う)マイナスに設定すると良いでしょう。

オーバー
失敗例 (>_<)
天気の良い日は通常モードのオートで撮ると、このように露出オーバーになってしまうことが多いです

成功例
成功例 (^o^)
露出補正をするか、「雪上モード」に設定することで、こんなふうに適正露出の写真になります

曇りや雪の日もきれいな写真を撮るコツ

曇りのときは、通常モードのほうがよく写る場合が多いです。降雪のときも、少しの雪ならあきらめずに撮影してみましょう。少し遠いところからズームを望遠寄りにして狙うと、降る雪も写り込んだ素敵な写真が撮れるでしょう。


成功例 (^o^)
雪が降っているときはレンズを望遠にして遠くから撮ると、このように雪が写った雰囲気のある写真になります

関連記事

  1. 雪道ドライブのコツ【装備編】
  2. 冬の星座のはなし
  3. 雪道ドライブのコツ【走り方編】

PICK UP

おすすめ記事

赤倉温泉スキー場(新潟県)

上信越道・妙高高原ICから約10分。間近に日本百名山の妙高山を望む赤倉温泉スキー場。14本のリフトが…

ルスツリゾート・パパママ向けゲレンデ特集!

ルスツリゾートの魅力をお届けするレポート第4弾!今回は「ファミリースキーと言えどもがっつり滑りた…

ホワイトワールド尾瀬岩鞍・ 4月9日までイベント盛りだくさん!

ホワイトワールド尾瀬岩鞍(群馬県)は、今シーズンまだまだ雪がたっぷり! 4月9日まで営業!スキー…

アクセス抜群!多彩な13コース「やぶはら高原スキー場」

長野県木曽郡にあるやぶはら高原スキー場はもうすぐ90周年! 名古屋(小牧JCT)から車で約2時間、東…

花火やサーカス、楽しいイベント目白押し!

ルスツリゾートでは、季節に応じた楽しいイベントも多数実施! 6月以降開催される楽しいイベントをご紹介…

  1. スノーラフティング
PAGE TOP