雑学知識

不安をなくして安全に!

雪道ドライブのコツ【装備編】

都会育ちや南国育ちのパパやママの中には、普段の運転は自信があっても雪道のドライブはちょっと恐い、それでついついスキーに行くのもおっくうに、という人も少なくないのでは?
小さな車のトラブルでも計画は狂ってしまうし、大事故になれば愛する家族の命も危険にさらしてしまいます。安全なスノードライブのための知識を身につけ、自信を持って、しかし過信せずに、車で出かけましょう。

まずは装備を確認して「不安材料」をゼロに!

【タイヤ】
雪道を走るなら第一の選択はスタッドレスタイヤです。シーズンに1回か2回しかスキーに行かないので……とチェーンを愛用する人もいると思いますが、逆にはじめてスノードライブをするという人こそ、チェーンを付けるという慣れない作業=不安材料が1つ減ることになるのでおすすめです。
もちろん、スタッドレスは4本すべて装着すること。また、スタッドレスを履いても雪道が滑らなくなるわけではありません。滑りをある程度抑えるのがスタッドレスであり、装着したからといって、普通の道と同じようには運転できないのです。

【チェーン】
非金属のチェーンが一般的ですが、商品によって付け方が微妙に違うので、とくに慣れていない人は、事前にかならず装着の練習をすること。実際には雪が降りはじめていたり、とても寒かったりという条件の中で付けなければならず、“出たとこ勝負”ではまず付けられないと思ったほうがいいでしょう。
なお、チェーンは駆動輪に装着します。つまりFF(前輪駆動)の車なら前、FR(後輪駆動)の車なら後ろです。一般にはFFの車が多くなっていますが、自分の車がどちらなのかを知っておくことは必須です。四輪駆動の場合は、原則として前輪につけます(車種によって違う場合も)。

【ワイパー】
意外に大切なのがワイパー。ゴムが古くなっていると、雪がうまく払えずに視界が悪くなったり、ワイパーに雪が大量に付着してしまい、何度も車外に出て払わなければならなくなります。最近取り替えた記憶がなければ、スキーに行く前にゴムを交換しましょう。

【ウォッシャー液】
これもワイパーと同様に盲点です。スノードライブでは大量に使うことになるので、いっぱいに補充しておくことが必要。その際、濃度が薄いと気温が低いときに凍ってしまうので、指示にしたがって低温でも凍らない濃度にしましょう。

【バッテリーとケーブル】
低温になるとバッテリーは上がりやすくなります。実際にスキー宿で朝エンジンをかけようとして、バッテリーがうんともすんとも言わないということもあります。液量を確認し、バッテリー自体が古くなっている場合は交換したほうがベター。また、バッテリー上がりのときにほかの車につないでもらい始動するための、ブースターケーブルも必携品です。

【スコップ、雪かき用具】
一晩駐めておく間に何十センチも雪が降ってしまうと、スコップで雪をかき分けないと発進できません。金属のスコップならば雪道でスタックしたときにタイヤの下に敷くこともできます。また、窓や屋根につもった雪を払う道具も必需品。用意しておけば冷たい思いをしないですみます。

【手袋】
軍手でもいいですが、寒冷地で作業するためのゴム手袋をホームセンターなどで購入しておくと便利。チェーンの取り外しや雪を払う作業のときなど、段違いの暖かさです。

関連記事

  1. 雪道ドライブのコツ【走り方編】
  2. 冬の星座のはなし
  3. 雪上での写真を上手に撮影するコツ

PICK UP

おすすめ記事

冬のゲレンデが芝生のサマーゲレンデに早変わり!

草津国際スキー場(群馬県)は、オールシーズン営業中!「天狗山プレイゾーン」には、グラススキーやマ…

MTBやトレッキングを家族でいっしょに!

中央自動車道・諏訪南ICからわずか約7分で、首都圏からも中京圏からもアクセスが便利な富士見パノラマリ…

グランディ羽鳥湖・お得な「県民サービスDAY☆」実施!

福島県のグランディ羽鳥湖スキーリゾートでは、下記日程で該当地区にお住いの方に限り、リフト料金が無料に…

アンヌプリ夏期ゴンドラは7/16から運行!

雄大な自然に加え、豊富で良質な温泉も魅力の北海道・ニセコエリア。そのもっとも西に位置する「ニセコアン…

安比高原スキー場・毎月第3日曜日は「スキーこどもの日」!

安比高原スキー場(岩手県)のお得なリフト券情報!3月までの毎月第3日曜日は「スキーこどもの日」&…

PAGE TOP